SERVICE

事業内容

ファストフードサービスとレストランの中間を狙った、
品質とクイックを両立させた新しいフードコートの実態。

事業内容

ファストカジュアル ファストカジュアル

モデルケース モデルケース
スウィングコート スウィングコート
特徴1 特徴1

料理部門とサービス部門を切り分けることにより品質とクイックを実現。

特徴1 特徴1
特徴2 特徴2

前会計システム
(一括集中レジ)

      
  • お客様にレジで並んで頂く
  • お客様にメニューをお渡しし、並んでいる時間に決めて頂く
  • レジでオーダーをお伺いする
  • サービススタッフがお席までご案内する
  • 全てのお料理が5分以内のテーブルに運ばれる
  • 食べ終わられたお客様お客様はそのまま退店して頂く
特徴1 特徴1
ナガシマキッチン ナガシマキッチン
特徴1 特徴1

地域の特色を活かした商品開発と店舗運営

地元の食材を積極的に使用し、行政・地元有名店・観光協会・ご当地グルメ協会などとタイアップを行い、メニュー開発などを行っております。店内には、松阪市をはじめ、四日市市・伊勢市などの観光ポスターやパンフレットなどを置き、三重県の情報発信も積極的に行っております。
商品開発と店舗運営 商品開発と店舗運営
特徴1 特徴1

行政・地域社会・民間企業が
三位一体となった
「地域活性化」への取り組み

ナガシマキッチン内松阪グリル店では、松阪市行政・観光協会・地元自治体と連携をとり、限界集落の活性化を行っております。松阪市お食事処うきさとむらとの共同開発したメニュー「うきさとむらかしわ焼肉」「うきさとむらの唐揚げ」の売上の一部を、地域の住民行議会へ寄付しております。

商品開発と店舗運営 商品開発と店舗運営
商品開発と店舗運営 商品開発と店舗運営

フーズクリエーションでは自社ブランド製品の開発や、企業・行政・地方文化などとのコラボレーションした地産商品の開発などにも力を入れております。飲食店舗とは別の切り口からも食のプロとしてアピールできる商品開発は、地域活性化や消費者様の日本文化継承への人口になれるよう、我々は力を注いで参ります。

特徴1 特徴1

一括管理だから出来ること

一般的なフードコートはパワーバランスが出ます。 (シェア率の高いお店と低いお店)売上が低いお店が退店した場合、デロッパー様は既存店舗と業態がかぶらないお店を探さなくてはいけません。しかし、一括管理の場合、シェア率の低いお店の業態変更がスムーズで、全て自社店舗なので他店との調整もデロッパー様が行う必要がありません。一括管理の場合、仕入のロット数が大きくなり、共通食材を使用することによりロスが減り、仕入れコスト削減され、人件費も全体でコントロールできる分、商品価格が抑えられることもメリットです。フードコート全体の売上がデベロッパー様と共有できれば、「Win-Winな関係」が保たれます。

商品開発と店舗運営 商品開発と店舗運営
商品開発と店舗運営 商品開発と店舗運営

和のホスピタリティーをアジアへそして世界へ。伝統的な日本料理、安心安全な食材、おもてなしの心、目に見えない衛星管理など、日本の食文化を世界に広げていきます。また、逆にその国の食文化も日本に取り入れ、新しい価値観を生み出したいとも考えております。弊社単体での展開というよりは、地元企業とパートナーシップを組み、スピード感ある展開を行いたいと考えてます。今後、日本の食に関する(食材・食品衛生用品など)流通事業も行っていきたいと考えております。大成産業株式会社(韓国大手上場企業)・森ビル都市開発株式会社・フーズクリエーション社の3社で合併会社を設立し、2011年8月26日にD-CUBE CITY(ソウル新道林)に日本の食文化をコンセプトにした400席のフードコートと80席の日本料理店をオープン致しました。

我々は食から幸せを創れると本気で考えます